聖グレゴリオの家の「馬小屋」<2007年展示>

クリスマスに教会に飾られる「馬小屋」とは、キリストが生まれたベツレヘムの馬小屋の状況を再現したものです。

クリスマスには、どの教会でも、また各家庭でもこの馬小屋を飾ります。

聖グレゴリオの家で使われている人形は、ドイツのヘッセン地方に伝わる伝統的な人形です。

この人形は、日本ではあまり見ることのない、関節を自由自在に動かせる大変大きな人形です。

聖グレゴリオの家では、この関節人形を使って、今年は3回のシーンに分けて人形を配置します。

現在は、天使のお告げによりベツレヘムに向かう羊飼いたちのシーンが再現されています。

24日真夜中のミサが終わるとキリストが誕生します。

そして年明けの主の公現(1月6日)には三人の博士たちがやってきます。



     主の公現(2008年1月6日から24日まで展示)

 

【主の公現】

見よ、すべてを支配する王が来られる。
王国と権能と主権は、その御手のうちにある。
神よ、あなたの正義を王にあたえ、
あなたの正しさを王の子に授けてください。
タルシスや島々の王は贈り物を
アラビアとサバの王は貢ぎ物を納める。
すべての王はかれの前に膝をかがめ
すべての民はかれに仕える

           Introitus(入祭唱)より



シェバの人々は皆、黄金と乳香を携え、
神を賛美しながら来る。
エルサレムよ、起きて光を放て。
神の栄光はあなたの上に輝く。
       Graduale(昇階唱)より

 

わたしたちは東方でそのかたの星を見たので
贈り物を携え、拝みにきたのです。
       Alleliia(アレルヤ唱)より


         イエスの誕生 (12月25日から1月5日まで展示)


【イエスの誕生】
そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。
人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。
身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。
ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

(新約聖書 ルカによる福音書 第2章 1-7節)



天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子(おさなご)について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

(新約聖書 ルカによる福音書 第2章 15-20節)

【主の降誕】 

ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
ひとりの男の子がわたしたちの与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、大いなる指導者と呼ばれる。
新しい歌を主に向かって歌え。
主は驚くべき御業を成し遂げられた。
       日中のミサ 入祭唱 Introitusより


地の果てまですべての人は
わたしたちの神の救いを見た。
全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ。
主は、救いを示し、諸国の民に正義を現わされた。
      日中のミサ 昇階唱ResponsoriumGraduale(答唱詩編) より


聖なる日は、わたしたちの上に輝いた。
民よ来て主を礼拝せよ。
今日、大きな光りは地にくだったからである。
      日中のミサ アレルヤ唱Alleluia より




     羊飼いと天使 (12月24日まで展示)


    

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」
すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
「いと高きところには栄光、神にあれ、
 地には平和、御心に適う人にあれ。」
天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。

      (ルカによる福音書2章8-15節)


▲TOPに戻る      ■HOME